ザグレブの食、お土産、ホテル情報

旅好きなみなさん、こんにちは!

さて前回はザグレブ観光をご紹介したところで、今回はカフェ・レストラン、スーパーで買いたいおすすめのお土産、そして実際宿泊しておすすめできるホテルをご紹介します。

クロアチア土産

1 RHK(クーナ)≒17円
※2019年6月時点

スポンサーリンク

お得なレートで外貨両替するなら【外貨両替マネーバンク】



甘いものならココ!老舗のカフェ

ザグレブでカフェに入るなら絶対おすすめなのが、地元で愛されている老舗の「Vincek slastičarnica」です。

40年近く、家族経営を続けているケーキ・アイスクリームのお店で、ザグレブ市内に6店舗あります。

観光中に立ち寄るには、旧市街の入り口にある店舗がおすすめです。

内装は若干昭和を感じる雰囲気ですが、迷ってしまうほどの豊富なレパートリーのケーキに心弾みます ^^

私が選んだのは、栗のクリームケーキ。商品名を読んでも理解できないので、完全に見た目でチョイスです ^^

栗のクリームケーキ(14クーナ)と紅茶(15クーナ)

モンブランよりもかなり栗感が強い贅沢なお味です ^^

他にもチョコレートケーキやシンプルなクリームケーキも試したいところでしたが、お腹いっぱいで断念しました。

地元民エリアにある隠れ家レストラン

アドリア海の美味しいイカが食べたくて訪れたのが、こちらのクロアチア料理のレストラン「Gladne oči」。

オシャレな雰囲気

バスターミナルから南に10分程歩いたローカルなエリアにあり、私は直前に電話で確認してから向かいました。

1人で食べに来ている常連さんも

私はメニューを見て、「イカが食べたい!」と言うと、

「それならこれ(1kgのグリル)を半分(500g)でどうかい?」と店員さんが言うので、従いました。

「他にも頼みたいけど・・・」と言うと、

「かなり多いからデザートくらいがいいのでは?」とのこと。

確かに運ばれてきたイカは、大きい上に3つも!!!500gあるので確かにデカイはずです 笑 そして付け合わせのほうれん草とポテトのソテーもかなりボリューミー!!!

イカプレート(150クーナ)、500mlの水(12クーナ)

テリテリで外カリカリ、そして身はプリプリのイカに、貝殻に盛られたガーリックオイルがよく合います ^^

そして、付け合わせを挟みながら食べると最高に美味で大満足な夕食でした

私はイカを食べましたが、周りのクロアチア人常連客は皆さん肉を頼んでいたので、お肉も美味しいのでしょう ^^

パンナコッタ(20クーナ)、紅茶(11クーナ)

そして食後には、パンナコッタと紅茶を頼みました。

が、こちらは残念ながらイマイチ・・・。ブルブルしたゼラチン質の強いパンナコッタで正直おすすめはしません・・・。

デザートはカフェや専門店でお楽しみください ^^

スポンサーリンク

Wifiレンタル

旧市街で本格インドカレー

ルーマニアでもインド料理が少なく飢えている私は、どうしてもインドカレーが食べたくて、事前リサーチの上、たどり着いたお店がとっても美味しかったのでご紹介します。

普通の日本人なら、ザグレブまで来てわざわざインドカレーは食べないかもしれませんがご参考まで 笑

石の門から徒歩5分程のレストラン通りにある「Royal India」。

お昼になったばかりの時間で一番乗りでしたが、気さくなクロアチア人のお姉さんがメニューを持ってきてくれました。

シンプルで上品な内装

選んだのは、一番定番のインドカレーらしいチキンカレー「Murgh Curry」。

15分程で運ばれてきたのがこちら ^^ バスマティライスも香りがとってもよく期待が高まります!

Murgh Curry(60クーナ)、水(15クーナ)

そして、これが結構辛くて(辛めを希望したので当然か?)とっても美味しいカレーでした ^^

サラサラ系のカレーですが、お味は濃厚で大きなお肉がゴロゴロ入っていて、かなりお腹いっぱいに。でも綺麗に完食しました。

注意したいのが、このお店は100クーナ以上でないとカード払いができません。ザグレブは少額だとカードが使えないレストランやショップが多いため、現金を用意することをおすすめします。

私も現金を持っていなかったため、一度お店を出て、近くの両替コーナーで現金を調達して支払いました ^^ インドカレーが恋しくなったら、ここがおすすめです ^^

スーパーで買えるおすすめのお土産

旧市街や新市街にもお土産屋さんはありますが、私が旅先で必ず行くのがスーパーです。

その土地のお菓子やスープなどを見たり実際買って試すのが大好きです ^^

実際訪れたのが、バスターミナルから15分程歩いたショッピングモールに入っている「Super Konzum」というKonzum系列の大き目のスーパーです。

生鮮食品からお菓子など豊富に揃うスーパー
1つ85円程度で買えるクロアチアブランドのチョコレート

「MIKADO」というクロアチアのメーカーを見つけました。日本語みたい ^^

クロアチア特産品のオリーブオイル

以前、知り合いから紹介されたクロアチアのOlea BB のオリーブオイルがとっても美味しかったのですが、Super Konzumで見つけました!

99.99クーナ/本が、セール中で79.99クーナでした ^^

このオリーブオイル、サラダやカルパッチョにピッタリで、生でいただくときにオススメです。美味しいお塩とこのオリーブオイルだけで、パンが美味しくいただけますよ ^^

種類が沢山ありますが、生野菜や魚など幅広い食材に合わせやすい「Buza」という黄緑のラベルがおすすめです。

Konzumは市内の中心部にもあり、小さめですがトラムが通るイェラチッチ総監広場の近くにもあります。

この他にも、このあとご紹介する宿泊したホテルの斜め前にも割と大き目のスーパー「Tommy」がありますが、私が訪れた日曜は13時までの営業だったため入れませんでした。

また、イェラチッチ総監広場に面した「Diona」というコンビニ規模のスーパーには、クロアチアコーナーがあり、トリュフチップスが絶品でした ^^

店内の中央にクロアチアコーナーがあります。

トリュフのペーストなどの小瓶も、空港より若干安く売られています。

左上クッキー(24クーナ)、トリュフチップス(22クーナ)、チョコバー(3クーナ)、板チョコ(6クーナ)、大箱クッキー(15クーナ)、サラミ(空港で35クーナ)

大箱のクッキーは開けるとそのままザクザクとクッキーが入っていて、少々驚きましたが、素朴な味で食べだすと止まらなくなりました ^^

板チョコも普通に美味しく、レトロなパッケージがまた可愛くておすすめです。

私の一番のおすすめはトリュフチップスです!開けた瞬間からトリュフの香りが広がり、チップスとしてもカリッカリでとっても美味でした ^^

ホテル・ナショナル

今回私が宿泊したのは、バスターミナルのほぼ目の前にある「Hotel National」です。

シンプルな外装のゲストハウス

宿泊概要

利用時期:2019年4月下旬
予約方法:Booking.com
日程:週末1泊2日
料金:56€(シングル、朝食なし)

メリット

  • バスターミナルから徒歩5分
  • 頻発運行のトラム停から徒歩5分
  • 最低限の設備だがコスパが高い
  • ウェルカムドリンクサービス付き
  • 斜め前に大き目のスーパーがある

デメリット

  • 部屋が少々狭い
  • バスアメニティがほぼない(ソープのみ)

バスターミナルから徒歩5分以内で、バスターミナル前のトラムが利用できてとても便利な立地にもかかわらず、価格が良心的で全体的におすすめできるホテルです。

ただ、部屋はかなり狭いので、大きなトランクの場合は開くスペースはドアの前のみとなると思います。

アメニティはほぼないですが、トイレも、シャワーも申し分ない機能でした。

徒歩5分のバスターミナルとトラム停

他都市もしくは空港への移動を便利にしたい、そしてトラム利用に抵抗がないならば、このホテルはコスパがよくおすすめです。(トラムは乗るのはとっても簡単です。前回の記事を参照ください。)

私はあえて朝食は付けませんでしたが、近くにパン屋さんもあり、街中にはカフェも多いです。物価の安いクロアチアのため、外で食べることをおすすめします ^^

ホテル予約におすすめのサイト

私は毎度Booking.comを利用していますが、このサイトの良さは写真が多いこと、そして日本人を始めとした口コミ投稿数も多いため、実際に宿泊した人の感想を細かく確認できるところです。

私は気になったホテルの口コミをざっと確認して、自分がどうしても譲れない欠点がないかどうかを確認します。例えば、立地がよく価格も魅力的なホテルでも、「エレベーターがないので荷物の移動が大変でした」というような口コミが多い場合には、スーツケースの状況によってはこのホテルは避けたりします。

Booking.comで数回予約・宿泊すると、その後の予約に割引が利いたり、様々な特典が利用できるようになり、利用すればするほどお得になるため、まだ利用したことない方はぜひ試してみてください ^^

さて、続いてはザグレブ市内から空港への移動についてです。できるだけ長く観光を楽しむためにも、空港への移動手段は重要なのでせひチェックしてみてください ^^

スポンサーリンク